山口県北部 萩エリア

厚東 孝明 Koto Komei

土とのつきあいを基本にして
将来はオブジェに自己表現を


生年月日1975年8月15日
出身地山口県萩市
所属日本工芸会
萩陶芸家協会理事
窯元名小萩窯
開窯年1970年
受賞歴
  • 2005年第25回西日本美術展 山口県知事賞受賞
  • 2006年第29回伝統工芸新作展 朝日新聞社奨励賞受賞
  • 2007年第42回西部工芸展 入選以後数回
  • 2010年第6回萩市美術展 萩市長賞受賞
  • 2011年第65回山口県美術展 入選
  • 2012年第29回田部美術館茶の湯造形展 入選以後数回
所在地〒758-0011 山口県萩市前小畑一区4321(Googleマップ
電 話0838-25-3393
交 通JR東萩駅より越ヶ浜方面徒歩15分
駐車場6台
展示場

有(茶陶から雑器まで展示)

H P

http://kohagi.ftw.jp/


 大阪の専門学校、京都造形芸術大学で陶芸、彫刻、ガラス工芸を学んだのち、帰萩して父建信に師事。「小さいころから、父の姿を見て育ちましたので、(陶芸の道に)あまり抵抗がありませんでした」。京都時代、卒業制作を前衛的なオブジェにするかどうか迷っていたところ、先生にいわれた「やったらよろしいがな」の明快なひと言に、「だれに何をいわれようが、自分のやりたいことをやろう」と生き方までを決めたそうです。
 作陶生活に入って早速、萩焼新進作家展に出品します。作品は掻き落しの鉢です。化粧掛けをした素地を剣先などで掻いて文様を刻む手法で、砂を混ぜた鬼萩風の素地を削ると温もりのあるモダンな感じに仕上がり、「洋花に映える」と花器にも応用していく発想が芽生えます。続いて父建信との親子展も開きました。
 「恥をかいてこい」と勧められた二回の出品で、展示の仕方、人と交わり、話ができる雰囲気が分かりました。父の作品に似ているといわれ、「ちょっとうれしい半面、早く自分の作品とわかってものえるものを作りたい」 形のモチーフは、景色、建物、町、自然と目に入るものすべてが対象となります。また、焼きから逆算して成形はロクロ、手捻り、型づくりか、そして、のぼり窯かガス窯か、釉薬はと、どうしても考えこんでしまいます。しかし、「練りこみなど土とのつきあいが大切、粘土にこだわり、気持ちを入れること」という原点に立ち返り、「簡単なものほど大変」という心境に至ります。
 「有言実行」がモットー。技術とともに、精神を集中し、平常心を鍛えて、これからは茶陶にも精進。いずれはオブジェにも挑戦する、今はその準備期間のようです。