山口県北部 萩エリア

樋口 大桂 Higuchi Taikei

伝統を基調とし独創性を融合させた
作風の確立を目指す


生年月日1955年2月13日
出身地東京都
所属日本工芸会
萩焼伝統工芸士会 監査
萩陶芸家協会理事
窯元名陶房大桂庵樋口窯
開窯年1985年
受賞歴
  • 1990年山口県美術展 入選
  • 1996年朝日陶芸展 入選
  • 2002年日本伝統工芸展 入選
  • 2003年日本工芸会山口支部展 支部長賞
所在地〒758-0011 山口県萩市大字椿東1505-2(椎原)(Googleマップ
電 話0838-22-4947
交 通松下村塾より徒歩3分
駐車場10台
展示場

有(樋口大桂すべての作品が揃っています)

H P

http://www.taikeian.net/


 高校三年のとき、萩の三輪休和、志野の荒川豊蔵の茶碗を見て感動。「吸い込まれるような」魅力に、いつか自分もそんな茶碗を造りたいと思うようになりました。
 一九七五年、東京デザイナー学院工芸科を卒業して、まっすぐ萩へ。十年間の修行を経て独立、築窯しました。さらに一九九〇年、山口県美術展に茶盌が入選。これを機に翌年、現在地に仕事場と店舗を構え、「陶房大桂庵樋口窯」を開きます。萩焼を「日本人の美意識が生んだやきもの」と位置付けて、茶陶萩のイメージを継ぎ、伝統的工芸品としてのこだわりを大切にした作陶を続けています。「伝統とは言いがたい量産品の氾濫がとても悲しい」。
 独立して早速、休和の鬼萩の作風に取り組みます。釉薬の配合と掛け方、焼成など、何度も試作を繰り返して、なんとか降り積もる雪のような白を見ることができるようになり、休和の『休雪白』に対して、『鬼白』と名付けました。しかし、「釉調の変化を出すことが難しく、今でも作るたびに緊張します」とより確かな完成度を求めて、白釉の挑戦はまだ続きます。また、掛分、御本手、刷毛目青釉・鉄釉といった伝統的技法も手がけてます。なかでも心血を注いでいるのが化粧の掛分技法です。発色の違う二種類の化粧を掛け分ける新しい表現法で、陶肌に鮮やかなコントラストを見せる景色は、独特の美観を呈します。「伝統を踏まえて、いかに個性を出していくか」。あくまで土と釉に固執する姿勢から生まれた技です。
 「(陶芸の魅力は)土と一体となって造る醍醐味」と言い、「作品は作り手の人間性を表わす分身」とその恐さも強調。それだけに思った出来栄えのものは、「時間を忘れて見とれ、常に傍に置いておく」という気持ちこそが、作家冥利なのかもしれません。