山口県北部 萩エリア

松浦 洞心 Matsuura Doshin

従来の茶陶や萩焼の枠を超えた創作を
展開伝統の上に若い感性を表現する後継者


生年月日1975年5月29日
出身地山口県萩市
所属萩陶芸家協会理事
窯元名松雲山窯
開窯年1980年
所在地〒758-0011 山口県萩市椿東中之倉二区2252-2(Googleマップ
電 話0838-25-5366
交 通東光寺より徒歩5分
駐車場1台
展示場

有(和室)

H P

http://shouunzan.com/


 現代の萩焼を代表する陶芸家のひとり、松浦無元の長男として生まれた松浦洞心。父の後を継ぐことは子供の頃から意識していたといいます。偉大な父の傍らで職人技を見続け、萩焼の世界で成長した洞心は、大学ではデザイン部でセンスを養い、卒業後すぐに父に師事しました。現在は無元と同じ仕事場で日常食器をメインに、色、フォルムも含めて、デザインを重視した斬新な作陶を目指しています。
 「私にとって萩焼とは、火と土と人の精神が織り成す創作物。時代によって美的感覚は変化しますが、作り手の創作意識は変わりません。温故知新の精神で伝統工芸の萩焼のイメージを脱して、現代の萩焼を作りたいと思うのです。」とはいえ、若い個性と感性をプラスした作陶は、伝統の陶技を十分に理解しないとできない至難の技。常に古い陶片の研究を怠らず、やわらかな枇杷色や白色の釉薬の色彩、土のぬくもり、使い込むほどに表情を変える萩の七化(ななば)けのおもしろさを探究しています。堅いイメージではなく食卓を温かく演出するサプリメントのような器作り――。
 松浦洞心の創作意欲はどとまる所を知りません。
 「人間は日々成長していくものです。学生から社会人へと、各自選んだ道で進歩し成長しています。現状に満足している人はそこで止まります。生きている限り自分にはもっと何かできないかと、上を上を目指して当り前だと思うのです。」
 時代を担う二代目の力強い言葉は、四百年の伝統を守りながらも若手作家が活躍する、新しい“萩焼”を感じさせてくれました。